株式会社ハセテックでは、電気自動車用急速充電器、パワー半導体ユニットの開発製造、アルミ筐体・アルミ溶接構造物(アンテナ反射板等)、大型電力素子の受託製造を行っております。

マレーシアでSQC(超急速充電器)を使用したEVバスの実証運行開始― 10分間の超急速充電で高稼働率を実現 ―

マレーシアでSQC(超急速充電器)を使用したEVバスの実証運行開始
~ 10分間の超急速充電で高稼働率を実現 ~

マレーシアのプトラジャヤ市で10分間超急速充電によるEVバスシステムの実証事業の運行開始セレモニーが8月28日に開催されました。当社は本実証事業で320kWという大出力の超急速充電器を担当しています。

本案件は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/10分間充電運行による大型EVバス実証事業(マレーシア)」を、東芝インフラシステムズ株式会社、株式会社ピューズ、株式会社ハセテックおよび株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバルと共同で受託したものです。本実証を行うために2015年7月に同国行政首都であるプトラジャヤ市とNEDOがMOUを締結し、今回のセレモニーにはマレーシア連邦直轄省(KWP)次官、プトラジャヤ市長、在マレーシア大使館書記官をはじめとする日馬多数の政府関係者が出席しました。

運行開始セレモニーの様子 【 運行開始セレモニーの様子 】

当社が担当するEVバス用超急速充電器(320kW)は本実証で、高温多湿の熱帯地域における超急速充電の連続オペレーション(4回/時間×7時間連続稼動)時の性能などを検証します。

本実証では、超急速充電が可能な二次電池を搭載したEVバスとバスターミナルに設置したパンタグラフ式充電ステーションを組み合わせることで、10分間の超急速充電運行を実現しました。このEVバスは周回毎の大電流による10分間の超急速充電で、1周30km以内の繰り返し運行が出来る為に、エンジンバス並みの高稼働率を実現しています。この超急速充電器は、マレーシアの高温多湿環境で1時間に4回、連続7時間稼動という過酷な使用条件をクリアする高信頼性を実現しています。

また本実証事業では、2018年に今回のシングルデッカーバスと同様の超急速充電によるダブルデッカーEVバス及び、その充電システムを投入する予定で、当社はすでにこのシングルデーカー超急速充電器の約1.5倍の高出力となるダブルデッカーバス用超急速充電器の設計をスタートしています。アセアン・アジア地域では、輸送性能に優れるダブルデッカーバスの需要増加が予想されており、化石燃料による排ガスでの環境問題が特に深刻な都市では、更に需要が拡大するものと予想されています。

当社は今後、本案件で得られた知見をもとに、アセアン・アジア地域を中心とするEVバス用超急速充電の拡大を目指します。

プトラジャヤセントラル駅バスターミナル内の充電ステーションとEVバス 【 プトラジャヤセントラル駅バスターミナル内の充電ステーションとEVバス 】

実証の概要

実証期間
2015年2月~2020年2月
実証内容
熱帯気候でのEVバスシステムの走行実証
二次電池の寿命特性検証
超急速充電の連続オペレーション実証 など
システムの概要
大型EVバス11台
320kW超急速充電システム4式
チャデモ急速充電器1台
状態監視などの情報システム1式
大型ダブルデッカーEVバス2台
480kW超急速充電システム1式
運行ルート(予定)
① マレーシア プトラジャヤ市内循環ルート 約23Km
② プトラジャヤ市-サイバージャヤ市間循環ルート 約23Km
充電ステーションとEVバス 【 充電ステーションとEVバス 】

本資料に関するお問い合わせ先 パワエレ製品部 戸田・早坂
TEL. 045(542)4481


電気自動車用急速充電器を開発。好評販売中です。

品質向上への取り組みISO9001認証取得
環境方針
パワー半導体ユニットデータブック

Copyright© 2000-2017 HASETEC Corporation. All rights reserved.